逃げるが勝ち(回せば勝ちともいう)


youjyou
戸田建設100%出資の子会社。
五島フローティングウィンドパワー合同会社
※Floating wind power=浮いた風力の意味である。
五島市は福江島の東方海域に2メガワット級の風車を10基程度設置したウィンドファーム(風力発電施設)の実現も目指しているらしい。
先月の15日に開所式が五島市 カンパーナホテルで盛大に開かれていたが・・・
「五島市・県・企業関係者ら約90名の参加」。

先に担当課より開示いただいた資料では、

■五島ふくえ漁業協同組合関係=組合長は熊川長吉
崎山沖への移動については以下のとおり説明を行い、特に反対意見もなく、平成27年1月29日の理事会において海域利用の同意については承認されています。
平成26年10月  3日 崎山支所漁業権管理委員会
平成26年10月  9日 崎山支所座談会
平成26年11月10日 旧長手支所漁業権管理委員会
平成26年11月26日 椛島支所漁業権管理委員会
平成26年12月  5日 理事会(協議会に変更。他の支所にも説明するよう指示される。)
平成27年  1月  8日 大浜支所漁業権管理委員会
平成27年  1月  8日 奥浦支所漁業権管理委員会
平成27年  1月  9日 福江支所漁業権管理委員会
平成27年  1月  9日 久賀支所漁業権管理委員会
平成27年  1月29日 理事会

■五島漁業協同組合関係=組合長は草野正

特に反対意見もなく、平成27年5月15日の理事会において海域利用の同意については承認されています。
平成27年1月30日 理事会
平成27年3月19日 五島太刀引縄協議会
平成27年5月15日 理事会

■奈留町漁協協同組合関係=組合長は大久保金政
海域利用同意書を取得する必要必要はありませんが、崎山沖移動について以下のとおり説明を行いました。当該海域で操業をしているまき網組合の了承も得ております。
平成27年2月19日 奈留町地域活性化検討協議会
平成27年2月23日 理事会
平成27年3月16日 奈留町まき網組合(第1回)
平成27年4月  6日 奈留町まき網組合(第2回)

この洋上風力発電事業、果たして五島市全部の漁業従事者の末端まで理解と了解は得ているのであろうか?
五島市長 野口(長崎県水産部長経験者)はこう言い放った。

海には無限の可能性がある。事業発展で雇用創出などにもつなげていければ!

海には無限の可能性。海という大資源を業として生計を立てている漁民がいることは理解しているのだろうか?
戸田建設100%出資の子会社。
五島フローティングウィンドパワー合同会社
「事業発展で雇用創出などにもつなげていければ」
はたして五島市長 野口は五島フローティングウィンドパワー合同会社(戸田建設100%出資の子会社)設立時に、五島市民の雇用をお願いしたのだろうか?
haengaze

にげるがかち
※逃げるが勝ちとは、無駄な戦いや愚かな争いなら、避けて逃げるほうが、結局は勝利や利益を得られるということ。

4月22日の漁業従事者と五島市役所との話し合い内容からして、漁業従事者の同意を得ずして施設を移動設置。五島市役所と戸田建設の腹の中は、漁業従事者との無駄な戦いや愚かな争いなら、避けて逃げるほうが、結局は勝利や利益を得られるから、同意得ずして事業を先に進めてきたのだ!とでも言っておこう。

 

One comment

  • 現役市役所職員

    音声きかせていただきました。酷いです。なぜ一基を建ててしまってからこんな状況になるのだろうか。
    ここでも大浜地区のごみ焼却場同様に順序を間違えてしまっている。漁業従事者さん達が怒りくるうのは理解できます。

コメントを投稿する