熊本地震を機に?!


無投票再選となった五島市市長選挙。

やりたいこと目白押し!

昨日も触れたが、長崎新聞社の取材にこう答えていた。


「(市民の反対で頓挫した)新図書館建設も実現したい」それ以上にやりたいことが見つかったと言う。

長崎大学経済学部出の市長、野口市太郎は、市民の安心安全な島生活よりも熊本地震を機に市役所本庁舎の耐震化に建て替えが必要である課題が急浮上したと語る。

ここでも親(国)からの頂き物である合併特例債を活用したいという。しかしこの債権(有利な借金)は2019年度までに造らなければならない為早くしたいという。市庁舎の建替えより長崎市内のご自宅を処分なさって、ご自身のお住いを構えられてはいかがでしょうか。先の市議会定例お遊戯(議)会で、五島で産まれ、五島の土に還ると言われていましたし。

市民の安心安全な島生活よりも・・・

一つ文句を言わせてもらおう。あなたが五島市民でなく長崎県庁職員時代に問題となった新図書館建設事業。なにをあなたが存じ上げていると言うのか? 市民の反対で頓挫した?

ふざけるな、行政のいい加減過ぎる計画ゆえに、島の将来を真剣に考える市民らが考え直す必要があると警笛を鳴らしたのである。市民の反対で頓挫?

言葉には注意して頂きたい。

野口市太郎がやろうとしている市政には市民の反対意見には耳を傾けない!と言っているのである。

ごみ焼却施設は地元の了解を得ていないが着実に進める。この発言、この考えこそが「市民の反対意見には耳を傾けない!」と遠回しに言っているのである。

市が血を流す覚悟が必要だし、市民に痛みを伴うお願いもせざるを得ない。とわかりきった言い方するのであれば、先ずは自ら身を切った政策を叩き出して行動すべし。

調子に乗り過ぎて好き勝手にやりたい放題やると必ず痛いしっぺ返しにあいますよ。※しっぺ返し【例:「強行に推し進めたそのしっぺ返しが来たのだ」 】

 

2 comments

  • 鬼平

    無投票再選早々に丸田からの苦言炸裂だべ。しかし丸田の書いている通りだべ。花束渡していた支持者に若い女性はいなかったべ。支持者のほとんども丸田に反論できねえべ、何も考えずして権力によりそっていくしか能が無い連中。財政がキツくなるのが分かってるんなら先ずは市役所職員、副市長、市長、市議会議員そして生活保護の報酬から身を削っていけ。

  • 現役市役所職員

    市役所本庁舎の耐震化または建て替え?
    いりません。そして図書館が市民の反対意見で頓挫?
    行政の庶民離れした、ふざけたあまい考えに無駄遣いだ!と指摘されたのが真実。丸田さんのおっしゃる通り市民を舐めたらダメですよ。私を調べ上げて懲戒処分にでもどうぞ。

コメントを投稿する