たまには地味な行動も(アンケート付)


ここ最近のことですが、市役所に行くと数名にお尋ねして帰ってきています。
また、市役所から電話がきたら次いでにお尋ねしています。

大地震が五島で起こり得る可能性は?

「無いとは言い切れません」

ならば、安心安全を言い張って新ごみ焼却施設が本当に安心安全だと言い切れる可能性?
困りながら答えてくれます。

「私個人としては、言い切れません」

つまり、何かのトラブルで事故、故障は発生し得るという事ですね!

「はい、そういうことになります」

市長と自民党系市長寄りの市議団は、全国の9割で稼働運転するストーカ炉は安全安心であり心配は無いごみ焼却施設だと言うのです。
私は時間のある限り、市役所職員に伺って歩きまわります。地味な行動もたまには必要ですから^^;
全てはこの伺い書のために!!


確率は? 久々、五島市長への伺い書

平成28年9月26日

五島市長
野口 市太郎様

510journal
丸田 敬章

 

熊本大地震発生での支庁本館建替えについての伺い

  社交辞令での文頭挨拶を割愛させていただくことをお許し願います。また日頃より五島市政発展にご尽力いただいていることには大変感謝いたしております。

さて、新聞報道への市長コメントで「熊本並みの地震が発生したら壊れる」。五島市長選が告示された8月21日、野口市太郎氏(60)が無投票再選までの”1日限りの選挙演説”で訴えた中に、市役所本館の耐震化問題があった。4月の熊本地震は、野口氏を「だましだましの改修」から一転「建て替え」に方針転換させた。」とありますが、そこで伺います。

大円寺に建立されている五島家の墓地は長い年月を経ても立派な状態で存在しております。
つまり600年余りこの島には大地震が発生しておりません。
ここ数年の統計を調査しても震度3以上の揺れは年に一回発生しているかいないかであります。これはある意味、人口減少、島外流出の食い止めにプラス要素で打ち出しても良いのではと思います。
地震が発生しない島。安全な生活ができる島。これは立派な移住誘致へのキャッチコピーにもなるのでしょう。
しかし「熊本並みの地震が発生したら壊れる」との発言。
自然災害はいつ発生するかわからないとの見解で支庁本館の建て替えが望ましいとのことでしょう。ならば、今、建設計画が進められている新ごみ焼却施設のストーカ方式は安全で安心な施設と言われていますが、トラブル発生は絶対に無いといえるのでしょうか。
この安心安全な五島地域にて大地震が発生する確率と、新ごみ焼却施設でトラブルが発生しない確率はどのようにお考えでしょうか。

一方では大地震の発生に備え、支庁本館を建て替える。そしてダイオキシン発生等の環境被害は発生しないから民家、海が近場にあっても問題ない施設だとするお話でありますが、この内容には矛盾があります。大地震がいつ発生するかわからないのであれば、施設による環境問題もいつ発生するのかわからないのです。大地震発生同様に、新ごみ焼却施設からの環境問題発生も考えておかないといけないのです。発生時に周囲に対しての被害が少なくするように努め運営していくのが行政の立場であります。

よって、万が一の自然災害にも耐えうる、倒壊しても地域への被害を最小限に抑える上で、建設地は民家・海資源・水源資源に影響の少ない地区に建設すべきではないのでしょうか。
議会開会中のご多忙な期間中ではありますが、上記内容でのお尋ねの2点にご回答下さいますようお願い申し上げます。


そこでアンケートを作ってみました。
あなたはどう考えますか?
市役所職員への聞き取り結果もアンケート集計に反映されます。

 

2 comments

  • 鬼平

    丸田また野口と木口に嫌われたべ。
    二人が議会で偉そうに発言したことへの挑戦だ。
    わしも複数でアンケートに投票したべ。地震は怖いべ。目に見えない年に一回のダイオキシン類の環境調査も隠蔽できるし怖いべ。
    安心安全をうたった施設造らせればいいだ、どうせ東京の豊洲市場みたいに責任から逃げまくるんだべ。

    • はい!言われる通りで嫌われまくっています。特に「口」のつくお名前の方々には人気のない丸田です。
      べべンコの大口様、市長公室の樋口係長様がたも私を敬遠しているそうです。

コメントを投稿する