新ごみ焼却施設建設事業への説明会開催進捗⑤


開会に向けて進行中の大浜地区へのごみ焼却場建設事業の説明会(ごみ焼却場施設事業進捗、市民との座談会)

ここ数日の定番記事であるが本日は開会に至った場合の「広報」について説明しましょう。
担当の生活環境課長が悩んでいるそうなんです。
どのようにして広く市民に周知徹底するのか!?

即答してあげました。
市の街宣広報車で放送告知して回ればいい。
さらに全地区の町内会長へ開会告知の案内状配布(回覧で回して頂く)。
市ホームページ及び、行政テレビ、福江ケーブルテレビでの告知案内。
やりたくないから、この程度の問題で悩むのです。

ん!? 以前も開会にあたってこのようなやり取りがあったような!
太田課長によれば、五島食肉センター事業説明会を参考にしております。

するんじゃないよ。あの説明会こそ、行政は不信を与える結果に終わったものだったんだから。
そもそもなぜ他の説明会を真似るわけ?
何事も自分たちの考えで進められないの?
いつも行うとすればシラケる説明会。終了時間も開始より一時間程度と告げられる。
これは単なる「市民へ周知義務を行った」とする帳面消しの告知業務なのである。
一時間の辛抱・・・・

大浜地区住民も負けてはならない。市が街宣での告知をやらないならば、」自分たちで人集めに街宣活動すればいいのです。建設地移転が可能になった場合、予想外の経費が掛かるとなれば、大浜財産区で資金を提供しても良いとする「財」に豊かな地区だもの。建設地白紙に持っていくためには何事もやらねば。
自分たちでも広報活動に動くべきなのである。
前回、五島放送社へ身銭使い、街宣を行なってもらったが、議会(文教厚生委員会 三浦委員長)からの圧力で2日間程度で阻止された経緯もある故、ここは自前の街宣車で行うのが一番のである。

「白紙撤回を求めた署名、さらには事務監査請求提出へのご署名。
ご協力頂きました市民の皆様、その節は大変お世話になりました。
私たち建設地見直しを求める大浜地区反対住民一同は諦めておりません。
勇気ある市民のご尽力で市民との話し合いが開催されることになりました。
開催日時は○月○日、○曜日。場所は○○○○にて午後○時より開催されます。
多数の市民のご参加を心よりお待ち申し上げます。
私たちの心の叫びを聞いていただけませんか?」
五島食肉センター大規模改修事業経過報告会(丸田主導で説明会開会に至る)の説明会開会前の担当課との小競り合いの部分動画が見つかったので公開しよう。
いかに行政が怪しい事業展開をやっているのか。公には広めたくない。
だからマスメディア取材不可。録画を続けるものなら説明会は取りやめにする。
開会までの小競り合いをご覧ください。
当時の農業振興課長 田端(現岐宿支所長)。実に情けない五島市管理職員の一人であった。


新ごみ焼却施設建設事業への説明会開催進捗
新ごみ焼却施設建設事業への説明会開催進捗②
新ごみ焼却施設建設事業への説明会開催進捗③
新ごみ焼却施設建設事業への説明会開催進捗④
大浜地区ごみ焼却施設建設

 

One comment

  • 鬼平

    昨日の記事に書かれておったが、丸田の行動力に右に出るものはいねえべ。大浜地区の住民で誰も真似できねえ事を丸田はやってくれてんだべ。どの市議会議員がしてくれてるべか。議会で述べるのは議員の務め。しかし議会が終われば。
    大浜地区の住民は丸田を金で雇っているんだべか。だから丸田はここまでやっとんのか?しかし凄いことかもしれねえが丸田が言うように大変なことなんだべ。議員でもなく大浜地区在住の地区住民でもない丸田。こいつは何故にここまで動き続けるんだべか。昔は丸田みたいなのが必ずどの地域にもいたんだべ。丸田は五島に一番必要な市民なのかも知れねえべ。

コメントを投稿する