五島市議会議員選挙。現職18名、新人4名が立候補予定者説明会出席


本日10時から市役所3階大会議室で行われた、来年2月執行の五島市議会議員選挙立候補予定者説明会。
21名の現職より3名が引退され、現職18名と新人4名が説明会に出席。今期定数より2議席減の20議席を争う模様である。


新人候補予定者の中には市役所職員を10月に退職された、元五島市長木場弥一郎氏の娘婿、更には長崎県議会議員 山田博司の秘書で妹の陣営も姿を現していた。


巷では候補予定者が名刺持ってのあいさつ回りに必死に動いている様子。
この時期にあいさつ回り?
誰が単なるあいさつ回りをするであろうか!!
当然に市議選!五島市議の選挙出馬のあいさつに決まっているじゃん。

日頃市政や市議会にご興味のない多くの市民の皆様方。
市議会での活動や活躍など無に等しい市議会。
こうさせたのも市民の責任だと私は大きな声で言わせていただく。
選挙を行使するのが市民であり有権者の責任です。
しかし無能な候補者に1票を投じるのは「勘違い」を引き起こさせてしまいます。

私は断言します。
『白票』を投じます。無記名です! 該当者無しです。自分自身が議員にはうってつけとも思わないし、議員として市民に認められる仕事をこなせるとは思わないからである。
なぜここまで言えるか。
ここ2回の市議選において当選を果たされた議員で私の事務所又は、電話なりかけてきて意見する人物は皆無です。質問書を送付するも無視する現職議員。まあ、一市民の中にも平然と無視し通す恩知らずもいますがね。
単に私が嫌われているからだとは思っていません。

そういう私は出席してきましたよ。当然じゃないですか・・・・

先ずは出馬にあたっての供託金30万円を何処から都合つけるか!が問題の丸田であります。

そんな私は今頃長崎行きの船内です。五島市の夜より長崎の夜が安全で安心出来るのです。供託金の心配よそに、長崎の夜の街に現金をばら撒きにいくのです。私の選挙区は五島市であり長崎市は論外なので公職選挙法には引っかからないでしょう。買収にいくのではありませんよ。

説明会では事前運動に関して五島警察署刑事課へ質問させて頂きました。私一人のみの質問でしたが(笑)

そして最後に、「僕ははじめての試みなので右左が全くわからなくて、挨拶回りされている皆様とはすでに差が開ききっておりますゆえ、選挙運動違反が無いようにフェアに!、そして、正直者が損をする社会にならない戦いをしましょう!と出席者に言わせて頂きました^_^」ジェットフォイル欠航の為、フェリー乗船しないといけない理由で選管より退席の許可を頂き退散した次第です。

忙しく慌ただしい年末となっています( ̄^ ̄)ゞ

しかし揺れないと言われながら左右の横揺れが酷い九州商船 フェリー椿。未だにネット環境も整えていない有様。


告示は平成29年1月29日(日)
投開票は生成29年2月5日(日)

(選挙の自由妨害罪)
第二百二十五条  選挙に関し、次の各号に掲げる行為をした者は、四年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処する。
一  選挙人、公職の候補者、公職の候補者となろうとする者、選挙運動者又は当選人に対し暴行若しくは威力を加え又はこれをかどわかしたとき。
二  交通若しくは集会の便を妨げ、演説を妨害し、又は文書図画を毀棄し、その他偽計詐術等不正の方法をもつて選挙の自由を妨害したとき。
三  選挙人、公職の候補者、公職の候補者となろうとする者、選挙運動者若しくは当選人又はその関係のある社寺、学校、会社、組合、市町村等に対する用水、小作、債権、寄附その他特殊の利害関係を利用して選挙人、公職の候補者、公職の候補者となろうとする者、選挙運動者又は当選人を威迫したとき。


 

One comment

  • 鬼平

    丸田、お前さんの行動力と信念に勝る輩はいないべ。今日からの選挙挨拶回りでは全ての候補者が丸田を罵って回るんだべ。まてよ、本人以外の候補者が丸田の名前を連呼だべ。丸田は他人の口で立候補予定の名前が拡散されるってことだべ。説明会では質問にたち、出席者全員へアピールか。頭使ってるのう。