計画は立派、実態は・・・


お知らせ事項

明日から8月突入!!
そして9月といえば定例議会開会月。
議会といえば、一般質問。
議会では追求する議員などいないから、510-journalでやっていきますね。

行政に企画書作らせたら立派だよ。
追求するもの(議員)もいないから、これまた楽勝なんだよ。

民間のプレゼンでこんな計画案したらかなり突っ込まれるよね。
○農業気象情報提供システム(テレビでも視聴可) 一般の気象情報を利用している現状から、効率的かつ合理的な農作業が可能となるよう、農業気象情報を提供し、農家所得の安定化を目指すものです。

農業気象情報を提供し、農家所得の安定化を目指すものです。 

目指すだけなの?
目指している内容に達しない場合は?
農業所得の安定化と書いていますが、利用されない農家の所得は知ったことかって言われているのと同じですが・・・

これが行政の大事業(総額50数億円かけたe-むらづくり失敗事業)

テレビでも視聴可!
旧福江市内世帯は見れないんだよ。またケーブルTV契約していない世帯も見れない。
だってさ、五島市行政は事業計画からともにタッグ組んで進めてきたケーブルTV会社とトラブって、新たに税金を注入して民間電気店のケーブル配信企業を第三セクター化したんだもん。
小さな島に2つの税金注入ケーブル会社が存在する島。

ほんとに失敗だらけの大事業でしたね。

さてと今回の主役は!?

旧五島病院跡地駐車場への回答の件です。
対象者の選定や料金設定などの制度設計等に時間を要してしまいましたが、職員に限らず利用されている方全てを対象に「月額1,000円の協力金」という形で職員については6月から、市民の方々については7月から料金を徴収することとしておりますのでご理解いただきたいと存じます。

更に提出した再伺いに対し、
先の市議会6月定例会での市長報告をはじめ、周辺事業所等に対しては別途文書にて告知を行っております。また、今後、状況によっては、出勤時間などを見計らって、直接協力金をお願いすることとしております。

更に25年3月定例会にて 
一方、五島中央病院跡地の駐車場については、利用者からの協力金徴収による有料化に向けて最終調整を行い、25年度から新たに運用を開始することとしております。

首長による発言なんだから、首長自身が利用職員・利用事業所へ強く言わないと!
有料化に向けということは、無料じゃダメなんだよ!
まぁこれが行政の本来の姿。
理解してあげましょう(笑)
6月と7月の徴収状況を知った上でね。

さて、協力金徴収状況を知るにはどんなふうに動いたらいいんだろう・・・ 

言っているでしょう!

行政に企画書(回答書)作らせたら立派だよ。
追求するもの(議員)もいないから、これまた楽勝なんだよ。
民間でこんな回答書していたら状況報告説明、当たり前に求められるよ。
追求するHENJIN丸田が五島市には居るんだもん。

まさか、五島市議会議員倫理条例の本質、「守る必要などない!たんなる市民だましの条例」と同様に、「協力できないのであれば協力金徴収に応じなくても構わないんです。」

で実際はどうなのよ!? このことだけ知りたがるのが五島の市民。
7月31日現在の徴収状況。
利用者把握台数 250台
協力申出書提出数 230人(市民12名含む)

6月期徴収状況 213人(職員は6月より徴収開始)
7月期徴収状況 184人(職員+市民利用者※市民利用者は7月より徴収開始)

※追記事項 8/1担当課へ最終確認。217人が協力されたそうです。
※市民とは社協始め、福祉センターに勤務されている方々と認識しています。

対象者の選定や料金設定などの制度設計等に時間を要してしまいましたが、職員に限らず利用されている方全てを対象に「月額1,000円の協力金」という形で職員については6月から、市民の方々については7月から料金を徴収することとしておりますのでご理解いただきたいと存じます。更に提出した再伺いに対し、
先の市議会6月定例会での市長報告をはじめ、周辺事業所等に対しては別途文書にて告知を行っております。また、今後、状況によっては、出勤時間などを見計らって、直接協力金をお願いすることとしております。

上記の回答書だけ読めばきちんとした内容で徴収すると言ってるのにさ!
こんな状態でツッコミ入れなかったらどんどん右肩下がり(島の税収入&人口と同じ)でいくんだよ。

公文書請求しましたが、公文書として徴収に関して開示できる資料は、現時点で無いそうです。
対象者の選定や料金設定などの制度設計等に時間を要した割には、あまりにも簡素すぎる。
市民の血税で求めた病院跡地。
日本国では自分で求めた土地・建物に対してお役所へ固定資産税(税金)を納入しないといけない決まりである。
自分たちの所有物には強行して納税を義務化されている。
五島市議会倫理条例同様に、自分達に直接関わってくる条例・決め事には法の効力がかからないように都合の良いように作成するんです。
これも日本が誇れる役人常識なのである。

まだ7/31 
本日中に協力金納金されますことを強く望みます。

今度は利用者の氏名への情報開示請求しようかな!
返ってくる文言はわかっている。
「個人に関する情報であり、公にすることにより当該個人の権利、身の安全、その他、害する恐れがあるため開示請求には応じません。」

しかしどうなんだろうね・・・

あと気になるのが、所有者の公表!?
これって村八分社会を行政が推し進めていこうって事にも取れますよ。
再三の行政指導に応じないこの不動産の所有者は◎◎さんです。
小さな島ではすぐに広まるでしょうね!
あの人は行政からの指導も聞き入れずこのままの状態で放置しているんだってさ。
すぐに広まっちゃうでしょうね。

ずさんな協力金徴収。
心配されるのは使途不明金とならないのかな?
こうならない為にも、情報開示に応じれるよう徴収管理すべきなのである。

 

コメントを投稿する