行革は市民サービス向上のため


行革は市民サービス向上のためだと市民へアピールし、次々と施設を民営化にするのであるならば!という事でHENJINは食肉センター問題に続いて吠えさせていただきます( ̄^ ̄)

8月27日(火)
参加議員は共産党の二名のみ!21名もいる五島市議会。

6時半から始まった行革大綱の一つ公立幼稚園民営化移譲。

若い世代の市民からなんとかなりませんか?と相談されて、
福江幼稚園民営化の説明に行って意見を言わせて頂きました。
行革が市民へのサービス向上と位置づけ公立幼稚園完全民営化に進むのであれば、
市役所そのものを民間移譲すればいいんですよ。

家内の関係組織である市教育委員会学校教育課担当の事業。

私の活動が家内に対してマイナスとなると言うのであれば、この島に言論と思想の自由は無いと断言していいだろう。
私が問題追求したいのは、教職、教委への攻撃ではない。
行政と議会への行革なのである。
私は今日まで自分自身で動き、情報収集して記事におこしています。
生半可な気持ちで行政を突つくのを楽しんでいるわけでもなく、この島を変えるんだとの気持ちでやっているだけです。しかし現実は勉強も研究もしない馬鹿な議員らが議会と言う薄暗い密室で賛成への挙手だけで進んでいくのである。
また新たに取り組む問題への扉を開いてきました。

 

コメントを投稿する