コメントへの返事・その①


先日の記事に対してコメントを頂戴していたので、お返事を記事として発しますね。

yosakuさんいつもコメントありがとうございます。

カネミ問題は、一人でも多くの市民が真剣に考えねばならぬ事案であろう。
水道事業、健康保険事業、これ同心円、同じ自治体内の収支として成り立つ事歴然
五島市もカネミに対し、強制執行をも臭わせながら債権の回収に本腰入れねば市民に
言い訳つかぬであろう。カネミの健康保険負担、簡単に解りやすく計算してみよう。
313人×12000円(1月の医療費)375万6千円×0.3(カネミ負担)=112万6千円
112万×12ケ月=(1344万円)年間わずかこれだけの負担で済ましているカネミ倉庫
1344万、五島市なら わずか職員2名分の金額だ、市はコケにされてるだけだ。

カネミの健康保険負担、簡単に解りやすく計算してみよう。
私が主張したい部分を、分りやすく計算におこして下さりありがとうございます。

年間わずかこれだけの負担で済ましているカネミ倉庫
カネミ倉庫株式会社は日本国より手厚い支援・サポート・協力・援助をもらっています。

カネミ油症事件 – Wikipedia
カネミ倉庫に対して政府保管米を随意契約によって預託し、その保管料年間2億円によって被害者の医療費助成が行われていたが、2010年9月をもって政府はその契約を政府保管米事業の民間委託に伴い解除した。2011年以降、米の入庫が行われなくなったため被害者の間で医療費の支払いに関して不安が広がっていた。同年秋、農水省は政府保管米事業の業務委託契約を一部変更し、必要な場合には預け先を指定できるとする内容に変更し、カネミ倉庫への政府保管米預け入れ業務が再開された。

国は被害者救済のひとつとして加害企業へ政府米の保管業務で支援しているのである。
その額2億円。
変人丸田が問題視している点は、カネミ倉庫がいくらの治療費を支払っているのかと言うこと。
先日、五島市議の橋本議員(=共産党)と出会うことが有り、出会ったのも何かのご縁。と言うことで数枚のカネミ関連の資料を手渡した。
その中の一枚を紹介しましょう。

25-2-05【カネミ倉庫の医療費支払実績】
昭和44年9月から、平成25年9月までの支払い実績表である。
支払いの科目は実にバラエティーに富んでいる。
※医療費(受療券)、医療費(個人払)、通院費(交通費)、漢方薬、鍼灸、一般売薬、健康食品
国からの受領総額は、42年間(合意前と、2011年、2012年は除く)
42年間☓2億円=84億円が支払われている計算。
そして患者側負担の医療費()3,068,277(千円)

84億円から3,068,277(千円)を差し引いた額はどこに回っていっているのであろう!!
五島市が(旧玉之浦町・旧奈留町)合併前から今日までに立て替え続けている医療費立替金。
何度も言うが、今日までに19億円に膨れ上がっているのだ。
実質は国からの国庫補助金等で市には穴埋めされている表向きであるが、実際は19億円を回収し、国へ返還しないと行けない借金なのである。
84億円から3,068,277(千円)を差し引いた額でまかなえ切れない問題なのか?

市はコケにされてるだけだ。
市民が水道利用料金を支払わないと2ヶ月で赤紙、そして催告に従わなければ遮断。
市民が固定資産税を支払わなければ不動産の差し押さえ、そして競売によって清算され取り上げられる。
カネミ倉庫が、医療費立替金を五島市に支払うと倒産すると言う。この言葉を信用し続け旧町時代から五島市に引き継がれたのである。
カネミ倉庫には厳しい態度など取れない五島市行政。
果たして五島市市長 野口さんが掲げる
【合併後10年、大きく飛躍するための予算】
10年合併が作り出した、大きく圧迫に追い込むカネミ医療費立替金!
と改め、構築しなおしてはいかがだろうか?
税金を市民からの投資金と思わないで、紙切れ同然としか考えていないから、天下の回りものとして大事に使えないのである。
市民が真剣にこの問題を考えない限り、一円たりとも回収できず、膨れ上がっていく医療費立替金なのである。

カネミ油症。
被害者だけが苦しんでいる食中毒事件ではない。
五島市の財政に重くのしかかっている財政問題なのである。
結果、さまざまな部分で市民に迷惑をかけ続けていく問題なのである。
予断ではあるが、五島市民一人あたりに使われる市役所のお金はと言うと。
議会費・総務費・民生費・衛生費・農林水産業費・商工費・土木費・消防費・教育費・公債費の一般会計総額で733,443円と公表されていた。
詳細を読み取っても、「職員給与・報酬」の文字が見当たらなかった。
自らが、市民に面倒見てもらっているなどと思っていないのであろう。
五島市役所の職員は、国からの交付税で面倒見てもらっているのだろね。
tukawareruokaneさらに、五島市の借金は?(市債残高)
平成25年度末に微増した。これは福江小学校、消防本部庁舎建設の大型事業実施で微増したんだと言う。そして、平成26年度末には減少すると見込んでいるらしい。
 馬鹿じゃないの?
平成26年度以降も大型事業は盛り沢山じゃないですか!
緑小学校改築に新図書館建設。清掃センター、そして中心部下水事業やるんでしょう!!
だったら計画している市債を増やす公共事業として説明書きしとかないと「平成26年度末には減少すると見込んでいます」の言葉は無意味ですよ。
やって良いんですよ。
それには自主財源となる医療費立替金をいくらかでも回収してください。
syakkin

 

コメントを投稿する