コメントへの返事・その②


tsubakimaiさん、コメントありがとうございました

この場で返事を致しますね。
>カネミ油症被害者と立替金未回収問題を一緒に考えてはだめですね。それはそれ、これはこれ。国、県、市は被害者救済だけ動けばいい問題ではありません。被害者の皆様方も五島市あってやってこれたのも事実です。そしてその救いには五島市民がいたからなのです。立替金未回収問題も大変な被害の一つだとお考え下さい。

行政はこの問題を市民全員に詳細を説明しないといけないのです。
立替金問題が一人歩きするとどうなる!?

考えられることは、今までカネミ問題は、被害者だけの問題だと思っていた人がほとんどでしょう。
この立替金とは・・・
通院するから発生する。
つまり被害者が通院すればするほど五島市(=市民負担)(=健康保険税への影響)(=健康保険調整基金が底をついてしまった現実)の負担となるってわけですね。
意地の悪い変人丸田が分りやすく説明すると、
病院で出会った知り合い。

どこの調子が悪いと?

カネミの影響たい。

カネミの影響は五島市民全体に影響でてるんだよ!
こうやって通院して診察受ければあなた方はカネミから治療費・交通費などもらっているのだろうが、健康保険の7割負担は五島市がカネミに代わって立て替えてるんだよ!
45年間で19億円に膨れ上がってるんだよ。
一円たりとも返してもらっていないんだよ。結果として、市の財政を圧迫している超難題。
悪い言い方すれば、被害者が病院にかからなかければ立替金は発生しない。

と言う具合に!市民とカネミ被害者の間は・・・
分りますよね。
ギクシャクするってわけです。
だから必要なのです。
行政が立替金問題についてこれまでの経緯、今後の計画、未回収は財政に問題ないのか?
国民健康保険事業が、市民に重荷とならないのか!?

このような問題点を市民に説明しないといけないのである。
しなけりゃ、
カネミ被害者に対して
「カネミの影響は五島市民全体に影響でてるんだよ!
こうやって通院して診察受ければあなた方はカネミから治療費・交通費などもらっているのだろうが、健康保険の7割負担は五島市がカネミに代わって立て替えてるんだよ!
45年間で19億円に膨れ上がってるんだよ。
一円たりとも返してもらっていないんだよ。結果として、市の財政を圧迫している超難題。
悪い言い方すれば、被害者が病院にかからなかければ立替金は発生しない。」
と考える市民が増えるってわけです。

第三者行為
加害者がいて被害者がいる。
分りやすく言えば、交通事故がそのひとつ。
被害にあった人は病院にかかります。
治療費・通院費は病院でいったん支払います。
もちろん保険証を提出するでしょうね!
国民健康保険証であれば、自己負担は三割。
残りの7割は自治体が支払うんです。一般的な通院であればこれで何の問題も無い。
しかし交通事故による第三者行為となれば・・・
加害者が10割負担となるんです。
加害者は保険等で対応するでしょう。
自治体は立て替えたぶんを加害者に請求し回収いたします。
現況どうなっているの?って知りたいですよね。
第三者行為五島市では第三者行為による三件の人身事故が現在も継続しているとの事。
返還対象額総額 5,880,886円に対し、回収額は2,469,591円。
恐らく加害者は市民又は、島内企業であろう。
支払いを続けている人たちはばかげた話となるだろう!!
カネミ倉庫株式会社は、五島市へ支払うと会社が倒産するといって、またこの話しを鵜呑みにして五島市行政は支払いを猶予しているのだからね。
カネミ第三者行為
私が水道利用料金支払いを少し待っていただけないか嘆願書を提出したのもカネミ立替金問題への追求、問題提起だったのである。
この記事をお読みになっている交通事故加害者が、自身の生活困窮、会社経営悪化を理由に、五島市に支払い猶予の嘆願書を提出したら!?

カネミの前例を作り上げてしまった五島市合併10年のいまこそ、真剣に取り組み計画をはっきりさせるべきなのである。
五島市行政、交通事故第三者行為で支払い義務者の加害者に対し、どう説明するのであろうか?
矛盾を作ってはいけない!

わたしが水道利用料金を本当に支払いきれない、行政にいちゃもん付けたくて。
そんな理由で支払猶予嘆願書を提出したのではない。
本日窓口にて支払ってきていますよ 🙂
今月の利用料金までも先払いしてきています!!
ほとんど使用しない事務所の水道料。
毎月同額の892円だもん。
いっそのこと1年間払いしにいこうかね。
今日みたいな雨の日には!天の恵みを利用して、植物への水やりと、事務所回りの掃除に利用してんだもん。
__ 2 __ 1 __
節約ってわけです。
真剣に考えましょうね!五島市行政さんww

 

コメントを投稿する