噂で事件は解決しない


五島市では民間従業員と公社職員の横領、着服にまつわる事件話題で世間は賑わう。
一方は民間の飲食店従業員。
今年初めからの彼に対する噂話は5000万円とっただの、3000万円らしかよだの。
蓋を開ければなんのその(笑)
人の話ほどいい加減なものは無いということです。

片やもう一方は五島市9千万出資の第3セクター、下五島農林総合開発公社職員。
9.11
共に共通して言えるのは事業所を解雇されているって部分。

9月26日付けの新聞報道では新たな横領で再逮捕。
これは民間飲食店に従事されていた元従業員。
1422425_378974708920093_7471536812916519781_n
公社元職員の野口くんは今月までに残り150万円(既に150万は返済済み)を支払うとした上で、市議会9月定例会にて説明した五島市行政。
今回この話題に触れた理由は、昨日のこと、私の事務所に来られた人物の話。
噂で事件は解決されないってことを言いたくてね。

「一方は捕まり、市役所関係団体職員は捕まらんとか。こらいかんよ。」

駄目なのであれば自分で行動起こせばいいんだよ。
行く先行く先でくっちゃべってなんになるの? まぁ暇つぶしにはなるか!!(^^ゞ

兵庫県の野々村元議員、市民団体からの刑事告発で警察は受理。そして野々村氏は取り調べられることに。もちろん県民の税金が不正に使用されたから市民団体は動いたのである。

今回の下五島農林総合開発公社の公金着服も税金は含まれている。
9千万円の出資で設立された社団法人。毎年2000万の補助金が注入されている社団法人なのである。市役所関係部署は、公金は着服されていないというが、着服された紙幣に支給先の名前など書かれていない。
下五島農林開発公社 高井良事務局長は口にする。
事務的及び、着服問題については五島市農業振興課へ尋ねてください。
そして、私たちにはどのように進んでいるのかさえ話がまわって来ないのです。
高井良事務局長は、どうなっているのかわからないんだと言うのです。
五島市役所農業振興課と公社は同組織なのであろう。下っ端に一々進展を話さなくていいのだろう。
都合で切り替える公社と担当課。
ここでも仕事の出来ぬ、五島市食肉センター担当の田端農業振興課長が仕切るのであった。
来年の人事異動では、食肉センター長へいってらっしゃい!(^^)!
牛と豚はしゃべれんし、いらいらしたら蹴ったくればいい。

私は市役所公金が不正に着服されたこと、税金の一部が公社に補助されている事実に対して、この問題は市民に対しても無関係とは言えないと思い、公社に対し元職員の野口くんの詳細について情報開示請求を行なった。
請求先は先にも触れたが、高井良事務局長より問題に関する問合わせ等は農業振興課へ!とのことだった。よって市役所農業振興課へ請求書を提出。

______ 26.09.26 10_38_48
当然予想していた回答を頂きました。
下五島農林総合開発公社は五島市役所農業振興課とは無関係。請求先は下五島農林総合開発公社へ提出してください。

議員の間では、【月額50000円、30年返済=1800万(利息含む)】での民事での返済計画が進んでるとの【噂】も聞く。
民事はどうでもいいのである、責任の取り方は以前も触れている
五島市副市長が総責任者(理事長)の農林総合開発公社。
市民が刑事告発しないといけない問題ですか?
民間の飲食店で起こった横領問題とは意味が違うのである。
野口
下五島農林総合開発公社の運営そのものは、高井良事務局長が話すように五島市農業振興課が行なっているのも同然。
公社として対象の元従業員 野口くんを刑事告発・被害届提出すべきなのである。
提出して当然なのである。

行政に対して疑問に感じたら、先ず担当課へ気になる事への情報開示請求を行なうといいでしょう。
市民に聞いても「人の言う事」。
情報開示請求とは正確には、公文書開示請求と言います。
市民の「知る権利」を実効的に保障することは、市政への市民参加の推進と市民の信頼確保を図り、公正かつ民主的な市政の確立の上で必要不可欠な前提であると考え、市の実施機関が管理する公文書の開示制度。

以前、当サイトの記事についてどう思うのか?といった公文書開示請求が提出されたと市役所総務課法制係より耳にしたことがあった。
請求した市民は、公文書開示の意味そのものが理解されていないんですよね(ーー;)

私より馬鹿な市民もいるって事か。

 

3 comments

  • 上田真由美

    京都市醍醐東市営住宅は一般募集でしか入居できないにも関わらず 京都市上下水道局の正職員が竣工時から入居し退職金をもらい再雇用で3年勤務して現在は年金生活(勿論収入基準を大きくオーバー)その上入居時から市営住宅のカークラブ(公社が駐車場料金を住人に集金させ約4割をキックバック)のお金を住人数人と山分けする行為を約18年間それに関わる住人は生活保護受給者と障害者福祉受給者自治会もカークラブも同様。この中で時折派閥争いがあり次元の低い抗争を繰り返している。そのうちの一人はボートレース狂い。カークラブのお金だけでは飽きたらず京都市が各自治会に対して毎年給付している助成金まで十数年にわたってふところに入れていた。公社職員はある組織からの故採用と派遣職員係長以上は本庁からだが2、3年で異動。誰も責任を取らない。生活保護受給し続けながら自動車を一人一台所有。ペット禁止の市営住宅で中型犬を3匹飼育する者もいる。殆どの住人が生活保護受給者にも関わらずペットを飼育。犬の予防接種も“無料”これらは全て税金だ。中でも特筆は生活保護受給し続けベンツ2台所有し一昨年山科区大宅にも家を建て引越して出て行った女は家財道具の処分も公費で出させていた。その女は醍醐消防署の消防士と事実婚

  • tsubakimai

    今朝の新聞に出ていましたね。世間では5000万円と私も聴きました。
    言われますように世間の噂は本気で聞き入れないほうがいいですね。
    しかし、公社事務局長さん情けないというか、自分の公社のことなんにもわかっていないのでしょうか。
    市役所さん、ここは民間飲食店にならって刑事告訴ですよ。
    市民へ対し、正しい判断を選択してください。

  • yosaku

    これが純粋な、民間の事業所だったら、いつから詐欺、横領で刑事告訴してますよ、言うように何のお仕事
    してるのか解らん、開発公社に、1年で2000万円も五島市から金出してるなら、警察の捜査の中で
    調査が入る、まずいんでないの、農林開発公社は、五島市の孫会社、顔色伺って、さざ波の立たぬよう
    息を潜めてるのでした。オワリ、 要らんのじゃない、こんな会社。

コメントを投稿する