福江小学校、さて工期は何日ずれ込むのか


image08
”今村組・片山組・萩原組・福江小学校A工区、11月15日の延長工期期限”から もう…

遅れたのは企業努力が足りなかったから!!
当初、夏休みに引越し作業を終えて、2学期から新校舎で過ごせるのを待ち望んでいた福江小学校児童と教師。
12月は師走と言いかえられます。
師走とは、年末で日ごろ落ちついている学校の先生も忙しくて走りまわる月だと言うところからきたという説もありますが・・・
福江小学校教職員にはピッタリの師走となりそうです。

image

ここに来ても「人手不足」と口にするが・・・
一階床面の高さに問題があったことをどれだけの市民が知っていたことであろう!
高さが足りなければコンクリートを流し込んで調整は出来るし、工事も簡単だったことだろう。
しかしその逆で天井との高さが低かったら!?
そうです、一度出来上がっていた床面をはつらないといけないんですね。
はつるとは!?
主に建設現場でコンクリートで作られた壁や土間などの構造物を壊したり、形を整えるために表面を鑿で削ったりすること。人力によって行われる規模の作業を表す。
てんでデタラメナ工事が進められていたってことですよ。

今年の福江小学校の年末・年始は大忙し。
遅れたのは発注者である五島市長にも責任はある。
そして、延長を承認した市議会にも責任はある。
当然、今村組・片山組・萩原組・福江小学校A工区は責任大。
関係者皆で引越し手伝いましょうね!

 

コメントを投稿する