五島市議会・予算審議「簡単なもの」


image

公共下水道説明会。

昼、夜の1日2回開催で合計8回行われた。延べ参加者人数は84名。
対象地域の住民数は3000人。
大袈裟に言うが、子供が1000人居たとしても…参加率4.2パーセント。まぁ市議会のアンケートよりか高いけどね(笑)

しかし呆れますね!市役所がやろうと計画している莫大な21億円の公共事業に真剣になれない市民が多いのか、生活水準の高い裕福な世帯が多いのか?

3月4日開会の24年度最後の定例お遊議会。新年度の予算編成も行われるでしょう!

回収したアンケートの集計も急いで行われるだろうし、新年度予算に繰り込まれるか!?

莫大な予算、対象地区以外の市民が受益者負担支援する税金使途の不公平な事業。

理解に苦しむ、容易に理解できるような事業ではない。にも関らず8回の説明会に参加して事業内容を知ろうとした市議会議員はゼロであった。

対象地区の市民がどう考え、どんな不安を抱いているのかも知るはずは無い。こんな市議会によって論議もせずに賛成多数で事業は可決されるのであろう!

なぜなら、21名の五島市議会議員は優秀な人材ばかりの集まりだから(笑)

受益者負担

 

コメントを投稿する