【告発記事】ごとう農協組合長解任に関して


突然の解任劇、そして前組合長 中尾氏の返り咲き。
2月27日に当サイトで発信した
そして、3月1日には農民一揆と題して、JA職員及び農家の皆様へ投げかけた。

二回に亘って発信した内容が上辺だけの内容であり、関係者の苛立ちがグツグツトたぎって来たのだろうか・・・

本日【告発投稿ページ】より一通のメールを受信した。
kokuhatsu

 

【メッセージ本文:】
    先般、ごとう農協の組合長解任が臨時理事会で可決され、組合長の交代劇は知っての通りと思います。
問題は、その理由。
解任の理由は、橋詰前組合長によって経営が悪化したからとの事。
私は、JA職員OBで職員から詳しく話を聞きました。
その内容は驚愕でした。
まず、臨時理事会を開いた経緯。26年度の決算見込みについて、高菜加工品の販売について赤字の見込みを橋詰組合長が提出した。それに対し、中尾派の理事から、そんなはずはない、決算を任せられないとの理由から解任への緊急動議が発動されたらしい。
そもそも、高菜問題は中尾氏が組合長をしていた25年度に製造販売されたものであり、その会計に疑問を抱いた橋詰さんが調査を行っていた案件。
詳しくはわからないが、26年度決算見込みで25年度産の高菜事業に赤字の報告を橋詰さんがしたという事は、何か前回の決算に不手際を見つけ、決算後にそれを明るみにしようと考えていたらしい。
その事に中尾氏が勘付いたのか、まだ決算の見込み段階で慌てて解任騒動を起こした。
全国レベルで見て組合長が解任された事例はあるが、それは明らかに組合に対し背任行為をした場合であって、今回、橋詰さんが何の悪いことをしたのか、過去の膿を出し切ろうとして言われもない所に火をつけられたのではないか。
この交代劇はまさに前代未聞の不祥事ではないのか。
私は怒りを覚えたが、他にぶつける手段を知らないため、此処にこの様な事を書き込む事をご容赦ください。

管理者変人より~
第3者としての意見で言えば、前組合長が知られたくないお仕事をそのままにしおき忘れてきたのでしょう。簡単に言えば【証拠】これを消す為には・・・
組合長として返り咲くしか手立てはなかった。
返り咲いたとしても、腐ってしまった高菜同様、JAごとうの組織は捨てるしか健全化への道はないんですがね。
捨てるとは、改革です。
組合長解任への動議は規約にも定められておらず、同じ方法で解任された橋詰前組合長がやり返すしか方法はないのかも。
橋詰さん、何故貴方は8ヶ月前に組合長になろうと思ったのですか?
このままで良いのでしょうか?
JAごとうは返り咲き 中尾組合長の私物企業で良いのでしょうか?

話は変わるが2年前の五島食肉センター設計入札の問題を思い出した。
当事者・関係者が本気に取り掛からない限り、私が騒いでもどうってことないのです。
設計入札問題が私の耳に入ってきて、設計事務所に伺ったり、説明会の音源をCDにおとして手渡ししても行政から言い丸められた人へは不可抗力。
橋詰さんと改革に前向きな役員人事が「男」なのであれば、私はネット情報拡散で協力は致します。

追伸、投稿されたHさま。
あなた様からの告発投稿メールは跡形なく削除します。受信データそのものを削除しますのでご安心ください。
11018956_800202090055069_4656251407839133689_n
私は情報提供者の身分・プライバシーは厳守します。変人丸田

 

2 comments

  • JAごとうOB

    私も、ごとう農協組合長交代劇を知って、驚きました   JAOBとしてなぜ、返り咲く必要があるのか、
    甚だ疑問に思っていたら色々金銭的問題を隠ぺいするためだと知って怒っています
    近々、動きがあると聞いているので注視しておいて下さい

  • SUZUKI

    丸田はん、関係者、OBも注視するジャーナル。
    あんさんが自分を貫いてやり続けてきてることは確実に丸田はんの力に結びついとんで。
    どの世界でも正直者、正論者はつぶされる。
    丸田はんの反骨精神で世の中変えるんや。

コメントを投稿する