まるでオセロ


昨日大事な方々との宴がありジャーナルの更新が出来ず申し訳ありませんでした。心待ちしておられたJAごとう.中尾派閥と橋詰派閥の皆様方お待たせいたしました。

JAごとう春のオセロ大会、結果がでました^o^

それにしても理事の皆様大丈夫かよ。白だの黒だの。先月27日に返り咲いたばかりの中尾体制からの交代劇。

中尾から橋詰、そして中尾。昨日のJAごとうの役員会、二人の理事者は退任。

川邊さんに松下さん!五島の農業発展には役職など必要ないですからね。 

  

口では簡単に言えるが、行動をおこすのは並大抵では物事は動かないのです。 

昨日書いてあげていたでしょう!

天知る、地知る、我知る、人知る』バレない、隠し通せると油断すると痛い目にあうのです。 

 

中尾返り咲き組合長、あなたはなぜ橋詰体制にいちゃもんを投げつけ組合長職に返り咲いたのか!そして昨日退く有様。

 

天知る、地知る、我知る、人知る』バレない、隠し通せると油断すると痛い目にあうのです。

痛い目にあう前に、組合長職を返上するから勘弁してくれ!と泣きついたか?米国方式の司法取引でもあったのか?

まぁ推測による話はさておき、黒から白に舞い戻ったJAごとう橋詰組合長体制。腐れた高菜は捨ててしまえばいいが、腐れきってしまった組織改革をどう立て直していけるか!今後の展開に期待したいと思う。

先ずは五島市民と精肉店に迷惑をかけている食肉センターからとりかかろう。何でもかんでも五島市頼りの甘えを切り捨てること。

私はJAごとうの中尾体制解体を喜んでいた一人。立派な企業であり続けなければいけない、五島市が誇れる企業でなければいけない。それがJAごとうなのである。甘え路線から脱却できなければ組合長が誰に変わっても同じ!!

組合長は誰がやっても同じであると言われないよう頑張ってもらいたい。 

 

我は木偶なり、使われて踊るなり。「無心になり、やるべきことをやる」

 

2 comments

  • SUZUKI

    2名の理事者に中尾組合長。微力ながらと仲良く決意表明してまんがな。
    団子三兄弟は良かったが、微力3人組はしょうもない力だったんやな。
    どこの世界にもよくある派閥合戦。息の根とめとかんとあかんちゃうか。

コメントを投稿する