「道理そこのけ道明たちが通る。第11弾」・・・投稿記事


投稿者=福中OB
白か車の一台や二台は空手で止めんばじゃろう、って福江のもんはみんな言いよっ、増山建設ばっか金儲けしてって、みんな言いよっよ。 名称未設定-2

12月3日(木)夜、「白か車がまた来たよ、的野の店や的野と同級生で中野副市長の嫁で恭子さんの店(ニーマン)の前も賑やかになっちょっし、可哀想にと思いたいが、こんなご時世にご家族でフウリンカザンで焼き鳥だもんな。
じゃばってんこがんときこそ、増山建設五島支店の安全対策室長で空手バカ平山政毅の出番じゃろう、白か車の一台や二台は空手で止めんばじゃろう、って福江のもんはみんな言いよっよ、増山建設ばっか金儲けしてって、みんな言いよっち」。と、ちょっと長めのメールが届いていた。

「おれはなんもしらんとよ、ほんとになんもしちょらんとじゃもん、みんなやくしょや、やまだせっけいがしてくれたけん、ほんとでおれはなんもしらんとっち」と、いくら的野文具が叫んでも今回の公金詐欺みたいな大波止ホテル解体事業の事業主は的野元昭本人である。「おれはなんもしらんとよ」で済まされる話ではない。
約2億円の公金を貰った以上は納税者に対してちゃんとした説明をする責任がある。
「おれはなんもしらんとよ」では済まされん。
なんも知らん奴が実際は4~5千万しか掛からんアスベスト除去工事代ば1億5~6千万も水増しして予算を取っている。これだけでも公金詐欺が適用されないか現在調査中である。
何回でも書くがなんも知らん奴が7社を参加させて入札し、約3500万円も安く応札した㈱才津組は勿論、参加7社の内、5社を失格させて2番目に高い6番札の増山建設に落札させるという五島市民を舐めくさった横着さが許せない。


管理人ヨリ FullSizeRender
昨日から再開された街宣車による糾弾街宣活動。 本日、商談の電話中に幾度となく的野文具店近辺に集中され、非常に迷惑を被り、ターゲットとされる店主へ苦情を言いに行かせていただきました。 静まってもらうようにしてくれんか! あなたの事を言ってまわられてんじゃん。 市民は迷惑。どうにかしろ! 今朝からの右翼街宣活動は商店街のホテル解体事業主がターゲット。電話の声も聞こえずらく私は抗議に出掛けた。 抗議先は右翼団体にでなく、事業主の店主へ。 うっさか!(うるさい!)って言葉が返ってきた。 彼は空元気でうるさい!と言い返す。
言う相手を間違える店主。市民へは迷惑かけてすみませんだろうに(笑)
その言葉、私に出なく右翼街宣車にいってもらいたい。 ホテル解体の事業主。国民、県民、市民の税金で取り壊してもらい更地になる。一番嬉しいのは事業主の的野だよ。
当たり前だと思ってんのかね〜、土地を市に売りつけて全ての経費を税金で精算。びた一文自分の懐からの支出はない。それもそうだ、私同様に金を持たない事業主。    

 

コメントを投稿する