丸田の思想


426130_274563352618948_359925846_n

Maruta Takaaki

偉そうに!ローカルジャーナリストだってさ等とあきれている五島市民が大半でしょうね(笑)
自分なりに調べてみた。そして振り返ってみた。
ジャーナリストというのは!?特定の分野の情報に精通している人のことだとHENJINは思います。
そしてその情報を的確に伝える技術をもっている人のことだと理解しています。
あるブログサイトで以下のように記されていた。

自分の興味あることを徹底的に調べる粘り強さと無限の好奇心をもっているかどうか。
次に技術的な問題ですが、表現方法を切磋琢磨し多くの人に強く訴えかける文章なり映像を作れるか。この2点が重要です。

私がテレビ、ラジオ番組で見る限りジャーナリストというのは天性の資質も必要な仕事だと思う。作家と似たような部分もあり、時間など関係なしにしてしまうというような部分がないと仕事にならないと思う。
金なんか関係ない、変人はこのことを知りたい・発信したいからやってるんだ!というような、気骨も必要何だろう。

ブログを始めた頃の書いている内容・文章表現全てに恥ずかしいものです。しかしこのスタートがあったから今がある!
自分なりに沢山調べてきた。
わからない所は議員さん達に習った。
活字は嫌いだから本など読まなかった。
いろんな年代の人と出会い、そして語り合った。
沢山の考え方・選択方法があることも知った。
今、一番研究している箇所、それは何が誹謗で何が中傷なのかって事。

Wikipediaによると明確な根拠がある場合、すなわち事実を表明することで他人の悪事などを暴露し、結果的にその人の名誉を失墜させることは、誹謗ではあっても、中傷や悪口とは言わない。
特に公共の利害に関する目的で、例えば組織などの悪事を暴露する事は内部告発などのように法的にも正当な行為として認められる。
ただしその目的が公共の利害に関係したことでなければ、公表したことが事実であったとしても名誉毀損に該当する。

考えればこの世の中は、口で発すれば・ネットで発すればすべて誹謗中傷なのである。
私は自身において納得いかない事、放っていてはいけない事。
島生活において今後も突っ込んだ発信をしていく事を断言する。